日産のプロパイロットとアイサイト(スバル)とホンダセンシングとトヨタセーフティセンスの違いを徹底解説!

国産各メーカーは自社の先進装備に名称を付けてその技術の高さをアピールしています。

日産セレナはプロパイロットが広く知られています。
国産他社では
トヨタセーフティセンス
ホンダセンシング
スバルアイサイト

等が有名です。

このような名称の装備はどれも似たようなものだと思われがちですが、実はかなり異なります。
 
 
そこで今回は、日産セレナに採用されている自動運転システムのプロパイロット、ホンダセンシングやスバルアイサイト等の総合安全装備の違いについて解説します。

スポンサードリンク

日産セレナのプロパイロットとは?

画像出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1024998.html

まず日産セレナのプロパイロットですが、このプロパイロットは自動運転システムです。
 
 
自動運転システムは古くからクルーズコントロールというシステムが各メーカーで採用されています。

これは高速道路等の一定巡航で指定した速度に設定すれば、アクセルを踏むことなく自動的に速度をキープして走るシステムです。

巡航速度の上下操作はボタンで可能です。
 
 
ただ高速巡航でも前走車に追いついたり、割り込み車両が来た場合は減速する必要があります。
クルーズコントロールはブレーキを踏んだ瞬間に解除され、通常の運転操作に戻ります。
 
 
昨今のクルーズコントロールは自動ブレーキ技術を流用して、前走車に追いついた際は自動ブレーキで減速する機能が備わっているものが主流です。
 
 
それをさらに進化させたのが日産プロパイロットです。

画像出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1024998.html

プロパイロットはアクセルとブレーキの自動操作だけでなく、ステアリングまで自動操作します。

日産は古くから走行車線を認識して、ドライバーに車線をキープさせ安全運転を促す技術に積極的でした。
 
 
その車線認識技術を進化させ、走行車線をキープするステアリング操作まで自動化したのがプロパイロットです。

これを実際に使うと、高速巡航がとても快適になります。

さて、そのプロパイロットが更に進化したのがプロパイロット2.0ですが、どのようなものなのでしょうか?

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

日産プロパイロット2.0とは?

画像出典:https://global.nissannews.com/en/releases/release-38d144e67f3bedef1b961fff830c51d0

日産のプロパイロットは好評で、多くのユーザーが使用しています。
実際に使うと、とても便利です。
 
 
そしてそれを進化させたのが、2019年10月にマイナーチェンジしたスカイラインに採用されたプロパイロット2.0です。

プロパイロット2.0はさらに便利になっています。

プロパイロットを使用出来るのは、高速道路及び自動車専用有料道路で、高速道路の単一車線を巡航し、ほぼ自動運転になります。
 
 
これがプロパイロット2.0になると、ナビゲーションと連動します。

ナビゲーションに目的地を設定して、出発するとしますね。

高速道路までの一般道は通常の運転をします。
高速道路に入ったら、プロパイロット2.0のスイッチを押します。
 
 
従来のプロパイロットは単一車線のみを検地した巡航でしたが、プロパイロット2.0は複数車線を検地します。

レーンチェンジの際は簡単な操作のみで自動でレーンチェンジを行います。
 
 
さらに遅い前行車がいる場合は、自動でレーンチェンジして追い越し加速も可能です。
 
 
もっとも大きなハイライトは、単一車線巡航時はステアリングから手を放したハンズオフ運転が可能になっています。

日産以外のメーカーでもプロパイロットに近いシステムは存在します。

クルーズコントロールを進化させ、ある程度の加速及び減速が可能で、レーンキープのステアリング補助操作をするシステムもあります。
 
 
ですがステアリングから完全に手を離した自動運転が可能なシステムは、国産では日産のプロパイロット2.0のみです。

一般道では使えず高速道路限定、しかもナビで目的地設定をした場合という条件がありますが、それでも国産車の自動運転技術は確実に進化しています。

日産のプロパイロットに実際に試乗した感想は?高速と一般道の評価と渋滞追従機能の性能は?
日産は自動運転システムのプロパイロットを少しずつ展開しています。そこでプロパイロットを高速道路で使用し、渋滞追従機能等を試した試乗レポートをご紹介します。

それではスバルのアイサイトを見てみたいと思います。

スバルのアイサイトとは?

画像出典:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/

自動車メーカーの先進装備として真っ先に思い浮かべるのが、スバルのアイサイトという方も多いでしょう。
 
 
日産のプロパイロットと比較して、どちらが優れているのか気になる方も少なくないかと思います。
 
 
ですがこのふたつは、直接比較出来ないシステムになっています。

それは日産のプロパイロットは自動運転を目指したシステム対しスバルアイサイトは、自動ブレーキを中心とした総合安全装備の名称です。
 
 
アイサイトの内容は、
・プリクラッシュブレーキ
・後退時ブレーキアシスト
・AT誤発進抑制制御
・ツーリングアシスト
・全車速追従機能付クルーズコントロール
・アクティブレーンキープ
・警報お知らせ機能
・アイサイトセイフティプラス
・スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
・アダプティブドライビングビーム
・ハイビームアシスト
・ドライバーモニタリングシステム
・スマートリヤビューミラー
・フロントサイドビューモニター
といった中身で、多岐に渡ります。
 
 
これらの多くの安全装備をひっくるめて、スバルはアイサイトと名付けています。

アイサイトの中のツーリングアシストは、日産のプロパイロットに近い装備です。
 
 
ですが単純比較ではプロパイロットに劣ると感じています。
 
 
逆に日産には、アイサイトのような総合安全装備に対する名称はありません。

だからと言って日産に安全装備が無いわけではなく、安全装備ひとつずつに個別の名称を付けていますので、最新の日産車ならスバルのアイサイトに匹敵するほど安全装備は充実していると思っていますが・・・。

スバルのアイサイトに対して、ホンダはホンダセンシングがありますので、次はホンダセンシングがどのようなものなのか紹介します。

スポンサードリンク

ホンダセンシングとは?

画像出典:https://response.jp/article/2016/11/22/285789.html

ホンダセンシングも、スバルアイサイトと同様の総合安全装備の名称です。
 
 
その内容は、
・ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
・LKAS〈車線維持支援システム〉
・衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム
となっており、こちらも多岐に渡ります。
 
 
アイサイトとの違いは、日本語表記で分かりやすいのが挙げられます。
 
 
ただ日本語表記ではイマイチ響きが悪いので、ホンダセンシングという名称で呼んでいます。

ホンダセンシングはスバルアイサイトと比較すると、安全装備全般ではやや劣るように見えますが、必要な装備は揃っています。
 
 
ホンダセンシングの特徴は、一般道での安全性を重要視して、一般道でもステアリング補助機能が搭載されているのが大きな特徴になります。

ホンダがホンダセンシングなら、トヨタはトヨタセーフティセンスですが、そのトヨタセーフティセンスを最後にプロパイロットとの違いを見ていきたいと思います。

トヨタセーフティセンスとは?

画像出典:https://www.kobetoyopet.com/newcar/safety/tss/

トヨタセーフティセンスも、スバルアイサイトやホンダセンシングと同様のトヨタの総合安全装備の名称です。
 
 
その内容は、
・プリクラッシュブレーキアシスト
・自動(被害軽減)ブレーキ
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・アダプティブハイビームシステム
・ロードサインアシスト
・踏み間違い時サポートブレーキ
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・後方衝突被害軽減サポート
・パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)
・先行車発進お知らせ機能
・ブラインドスポットモニター
・統合型走行安定システム
等が代表的な装備です。
 
 
トヨタセーフティセンスに該当する装備は他にも多数ありますが、ありとあらゆる安全装備をトヨタセーフティセンスと名付けてまとめています。
 
 
逆に日産は上でも説明したとおり、安全装備に関しては個別の名称で個々に分類されており、総合安全装備に対する名称はありません。
 
 
この辺りに各自動車メーカーのスタンスの違いが見て取れます。

トヨタは販売車種が多いので、トヨタセーフティセンスに該当する安全装備の内容も多いです。
 
 
これだけを見ると、トヨタの安全装備は他メーカーより充実しているように見えます。

ですが中には装備内容が重複するものも存在するので、安全装備ではトヨタが最も充実しているとは一概に言えないのでは?
と思っています。

安全装備は各自動車メーカーが力を入れており、単純な装備面では優劣は付けられないのが現状です。

日産のプロパイロットとアイサイト(スバル)とホンダセンシングとトヨタセーフティセンスの違いまとめ

画像出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1024998.html

日産のプロパイロットは自動運転技術の名称です。
 
 
それに対しスバルアイサイト、ホンダセーフティセンス、トヨタセーフティセンスは各メーカーの総合安全装備の名称です。

なので、日産プロパイロットと直接比較できる装備ではないのが実際のところです。
 
 
逆に日産には総合安全装備に対する名称はありません。

自動運転技術に関しては、日産が国産他社をややリードしているような感じです。(客観的な意見ですが・・・)
 
 
一方、安全装備に関しては各メーカーの車種によって異なるので、一概には言えません。
 
 
ただ自動ブレーキに関しては、どのメーカーもフロントウィンドウ上部に搭載されたカメラを利用しています。

基本的にカメラはひとつですが、スバルアイサイトはカメラをふたつ搭載したステレオカメラを採用しています。

この差により、自動ブレーキのみに関してはスバルが一歩リードしているような状況になっています。
 
 
各社が競合しあって、安全なドライブができる社会になるといいですね。

 

新車の日産セレナを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?

⇒ 日産セレナの値引きの限界からさらに30万円安く購入した私の友人が行った実際の交渉テクニックとは?


「この日産セレナを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「セレナを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「日産セレナの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、日産セレナの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

ご家族やご友人に相談しても
そっけない返事しかもらえず、
また真剣に聞いてもらえず、
日産セレナを買いたいのに手が出ない。。。

また、

「セレナを高く売りたい」
「セレナを売るといくらなの?」
「そろそろ買い替えたいから愛車の今の相場を知りたい」

と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に超オススメの方法をご紹介します。

その方法とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

日産セレナ値引きより50万円安く購入する吃驚仰天の超オススメの方法とは
下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

「一括査定サイトを使えば安く買えるってどういうこと?」
と気になったかもしれませんね。

私もこんな友人の話を聞くまでは知りませんでした。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車セレナの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

私の友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていて、一括査定サイトを使えば安く買えるなんて思っても見なかったようです。

で、友人が実際ディーラーにセレナを買いに行ったら、最初300万円って提示されたらしいんです。

友人もさすがに高いと思って、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?セレナ買うならココってきめているんで

って交渉しました。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、40万円は値引きできますよ

と返答があったようです。

友人
友人

300万円から40万円を値引きしてもらえれば、260万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘りました。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を10万円で下取りしますよ。

と提案してきたようです。

友人とすれば、
50万円(40万円+10万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありませんよね。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいです。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのセレナを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と言ってきました。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(40万+10万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と当たり前ですが思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言って電話を切ろうとしたとき、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言いました。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたようです。

 

友人
友人

たしか10万円だけど・・・

と私の友人は答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきたらしいです。

 

何のことを言っているかさっぱりわからかったみたいです、私の友人は。
なので、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきました。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに下取りして値引きしてもらうことしか頭になかったわけです。
だから、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたところ、

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

と言ってきました。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれたようです。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れず、結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
自宅に帰った後、大学時代の友人からLINEが来て、このナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
 
なんと
買い取り額が40万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、300万円の新車セレナを

買い取り額      40万円
ディーラーの値引き額 40万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、210万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら

だから、私もセレナを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。

 
 
もしあなたもセレナを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまセレナを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

セレナの値引きの限界から30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

ナビクル車査定は、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るってわけです。

 
 
人気の秘密は、45秒程度でできる簡単な入力

さらに、安心の東証一部上場グループ会社。

だから、査定額の差額が信じられないぐらい出てしまうんです。

ただ、車一括査定と聞くと、
「電話連絡が多いんじゃないの?」
と思われているかもしれませんね。

もし電話連絡が多いと思われたら、メール連絡のみに変更することができます。

あと、こうしている間に相場査定額は落ちていっています。
なので、相場査定額が落ちる前に、今すぐこちらのナビクル車査定にお申し込み下さい。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってセレナを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
セレナの今の相場を知りたい、愛車の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。


 
その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。

 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。


 

ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

スマホでもできますので、電車の移動時間だったり、テレビのCMの間だったり、
ちょっとした時間にあなたの愛車の最大の買い取り金額が分かります。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました