日産セレナe-powerとステップワゴンとヴォクシー 買うならどれ?ミニバン徹底比較!

ファミリーカーとして大人気のミニバン。
特に5ナンバーフルサイズのミニバンは需要が高く、
各メーカーが力を入れています

ここでは「セレナe-power」を中心に、各メーカーのライバル車であるステップワゴンヴォクシーと比較してみます。買うならどれが良いでしょうか?

スポンサードリンク

日産セレナのe-powerとは?

「セレナe-power」は2018年3月に発売されたハイブリッドモデルです。

e-power_highwaystar
画像引用先:日産自動車 様

 

ハイブリッドなら従来のSハイブリッドが該当するのでは?
と思われる方も多いでしょう。

ですがSハイブリッドはあくまで簡易ハイブリッドで、限りなくガソリン車に近いです。

乱暴な言い方をするなら、ハイブリッド車の優遇税制を受けられるために
日産が手持ちのガソリン車を半ば強引にハイブリッド車にしたとも言えます。

それに対し「セレナe-power」は完全なハイブリッド車です。

従来のハイブリッド車はパラレルハイブリッドと呼ばれる構造ですが、
日産e-powerはシリーズハイブリッドと呼ばれます。


画像引用先:日産自動車 様

エンジンは発電のみを受け持ち、発電用モーターを回します。

そこで発電したエネルギーをバッテリーに繋ぎ、
そのバッテリーを介して駆動用モーターを回します。

走行に必要になるパワーは全て駆動用モーターが受け持ちます。

よって走行性能や特性は電気自動車に限りなく近いです。

その走行性能を持つからこそ、日産はシリーズハイブリッドではなく、
「e-power」 というネーミングを付けたのだと思います。

電気自動車を運転された方はまだまだ少ないと思います。

その走行性能はガソリン車とは全く異なります。

とにかくスムーズで、さらに市街地ではとても力強いです。

電気モーターは内燃エンジンとは異なり、変速機を必要としません。

内燃エンジンのようにアイドリングを保つ必要もないので、
クラッチモータートルクコンバーターも必要としません。

モーターとタイヤが直結です。

そしてモーターは、回し出す瞬間に最大トルクを発揮します。

つまり、信号待ちで停車していた時、
青信号になってアクセルを踏んだ瞬間に最大トルクです。

モーターの最大トルクは3000ccガソリンエンジン並です。

走らないはずがありません。

Sハイブリッドの2000ccガソリンエンジンより元気よく走ります。

さらに音も静かでスムーズ。

優遇税制もしっかり受けられます。

日産が自信を持って発売した新世代ミニバンが「セレナe-power」です。

 

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

日産セレナe-power vs ステップワゴン


上記画像はステップワゴンスパーダハイブリッドです
画像引用先:本田技研工業株式会社 様

 

ここでは「セレナe-power」「ステップワゴンスパーダハイブリッド」を比較してみます。

どちらも5ナンバーフルサイズのミニバンです。

通常グレードは5ナンバーですが、エアロが付く
スポーティグレードは3ナンバーになります。

そしてどちらもスポーティグレードが人気です。

「セレナe-powerハイウェイスター」と、
「ステップワゴンスパーダハイブリッド」の両車の構造は近いです。

「セレナe-powerハイウェイスター」はシリーズハイブリッドで、
電気モーターのみで駆動します。

「ステップワゴンスパーダハイブリッド」も基本は電気モーター駆動です。

それに加え、高速走行時はエンジンの力で駆動します。

これはパラレルハイブリッドではなく、
スプリットハイブリッドと呼ばれる構造です。


画像引用先:本田技研工業株式会社 様

パラレルハイブリッドとシリーズハイブリッドのいいとこ取りを狙った形式です。

 

走行性能は「ステップワゴンスパーダハイブリッド」が上回ります。

発電用エンジンは「セレナe-powerハイウェイスター」1200ccに対し、
「ステップワゴンスパーダハイブリッド」2000ccです。

モーター電圧も異なり、「セレナe-powerハイウェイスター」の360Vに対し
「ステップワゴンスパーダハイブリッド」は700Vです。

その結果、モーター出力はそれぞれ139馬力184馬力

最大トルクは大差ありません。

しかし、この40馬力以上の差は大きいです。

さらに「セレナe-powerハイウェイスター」「ステップワゴンスパーダハイブリッド」では
フロアの高さが大きく異なり、「ステップワゴンスパーダハイブリッド」
「セレナe-powerハイウェイスター」より70ミリ低く、車高も低いです。

上記は「セレナe-powerハイウェイスター」の車体寸法図です。
画像引用先:日産自動車 様

上記は「ステップワゴンスパーダハイブリッド」の車体寸法です
画像引用先 : ホンダ ステップワゴンを買う! 様

 

その結果、走行性能ではハイパワーかつ低重心の「ステップワゴンスパーダハイブリッド」に分があります。

ですがミニバンの性能は動力性能のみでは決まりません。

ミニバンとしての使い勝手は「セレナe-powerハイウェイスター」が上回ります。

特にサードシートの広さでは「セレナe-powerハイウェイスター」が圧倒的に上です。

シートが大きく、シートアレンジも多彩です。

上記「セレナe-powerハイウェイスター」のシートアレンジです。
画像引用先:日産自動車 様

「ステップワゴンスパーダハイブリッド」はサードシートが床下収納になり、
その際のラゲッジスペースとしての使い勝手は上回ります。

ただその分、サードシートが小さく、シートアレンジにも限界 があります。

上記画像は「ステップワゴンスパーダハイブリッド」です。
画像引用先:本田技研工業株式会社 様

 

「ステップワゴンスパーダハイブリッド」といえば観音開きのバックドア が
特徴ではありますが使い勝手には個人差があります。

「セレナe-powerハイウェイスター」のデュアルバックドアのほうが
使い勝手がよく、好評です。

自動車税も「セレナe-powerハイウェイスター」のほうが安いです。

新車価格や装備面、燃費に関しては大差ありません。

走りを取るか、使い勝手を取るかで選択肢は変わります。

日産セレナe-power vs ヴォクシー

ホンダの次はトヨタと比較です。

トヨタの姉妹車であり、販売店が異なりますが、同一メーカーのライバル車と言えるのは、
「ノア」
「ヴォクシー」
「エスクァイア」です。

この3台は車種ごとにキャラクターが若干異なり、
その中では「ヴォクシー」が最も若者向けになります。

ここでは「セレナe-powerハイウェイスター」と、
「ヴォクシーハイブリッドZS煌」を比べてみます。


画像引用先 : Wikipedia

「ヴォクシーハイブリッドZS煌」が優れているのは燃費です。

熟成の域に達したトヨタのハイブリッド。

システムはプリウスのものとほぼ同じです。


ハイブリッドシステムイメージ図。
画像引用先 : TOYOTA自動車 様

これをファインチューニングしてヴォクシーのボディに載せました。

もちろん重くなりますが、トヨタのハイブリッドは
そのくらいのビハインドで燃費は大きく悪化しません。

燃費ではヴォクシーハイブリッドが勝ります。

ただそれと引き換えに、動力性能では劣ります。

「セレナe-powerハイウェイスター」「ヴォクシーハイブリッドZS煌」
最大出力はほぼ同じで140馬力弱です。

ただ「セレナe-powerハイウェイスター」はひとつのモーターでその馬力ですが、
「ヴォクシーハイブリッドZS煌」はエンジンとモーターの合計馬力です。

「ヴォクシーハイブリッドZS煌」のエンジンは1800ccですが、その出力は90馬力以下。

モーターも60馬力ほどしかありません。

トヨタは合計で140馬力弱と言っています。

ですが気になる問題があります。

モーターがもっとも馬力が高いのは低回転域です。

それに対しエンジンはある程度高回転にならないと最大出力には達しません。

例えば発進加速でアクセルベタ踏みの場合。

モーターは最大出力を出します。

ですがエンジンはまだ達しません。

エンジンが最大出力に達すると、室内は相当大きなエンジン音になります。

ハイブリッド車でそこまでエンジンを回すのは結構時間 が掛かります。

そこまで達するまでモーターを回し続けると、バッテリーは空になります。

よって、実質90馬力弱の加速性能になってしまいます。

話はそれますが、トヨタは高級車ブランドで「レクサス」を展開しています。

それの最高峰が「レクサスLS600h」という車です。

エンジンは4600ccですが、ハイブリッドパワーで不足分を補い、
6000ccクラスの動力性能を持っているからこそのネーミングです。

この車のライバルは、「メルセデスベンツSクラス」
「BMW7シリーズ」といった超高級車です。

ですがヨーロッパ、特にドイツでの評価は酷いものでした。

ドイツは制限速度無制限のアウトバーンがあります。

国産車は時速180キロでリミッターが作動しますが、
ドイツ車は250キロでリミッターが作動します。

つまり時速200キロオーバーの高速巡航性能が求められます。

「レクサスLS600h」はこの性能が全くダメでした。

ハイブリッドパワーを200キロまでの加速で使い切ってしまいます。

よって200キロから250までの加速性能が大幅に劣ります。

重い車両重量に4600CCエンジンでは200キロオーバーからの加速は明らかに力不足です。

話を戻しますが、ハイブリッド車の合計システム出力はあくまで目安です。

実際はそこまでの馬力は出せません。

カタログスペックの馬力はほぼ同一ですが、実馬力は
「セレナe-powerハイウェイスター」が勝ります。

スポンサードリンク

日産セレナe-powerとミニバン(ステップワゴンとヴォクシー)買うなら?

ここまで「セレナe-powerハイウェイスター」
「ステップワゴンスパーダハイブリッド」
「ヴォクシーハイブリッドZS煌」を比べてきました。

どれも5ナンバーフルサイズのミニバンですが、キャラクターは大きく異なります。

まず動力性能に秀でているのは「ステップワゴンスパーダハイブリッド>

モーター出力だけでなく、重心が低いので走りの良さにも秀でています。

この辺りはさすがホンダといった印象を受けます。

逆に燃費が優れているのは「ヴォクシーハイブリッドZS煌」。

熟成されたトヨタハイブリッドシステムは優れた燃費を実現します。

ではこの2台と比較すると「セレナe-powerハイウェイスター」
大きく劣っているのかと聞かれれば、そうではありません。

「ステップワゴンスパーダハイブリッド」と比較すると動力性能は劣りますが、
「セレナe-powerハイウェイスター」でも充分な動力性能を持っています。

逆に動力性能で辛いのが「ヴォクシーハイブリッドZS煌」

燃費は優れていますが、アクセル踏んでも走りません。

これはトヨタハイブリッドシステムの欠点ですね。

この2車に対し、「セレナe-powerハイウェイスター」が勝っているものがあります。

まず税金の安さ。

「ステップワゴンスパーダハイブリッド」は2000cc。

「ヴォクシーハイブリッドZS煌」は1800cc。

優遇税制がなくなれば、税金は年間39500円です。

それに対し「セレナe-powerハイウェイスター」は1200cc。

税金は年間34500円です。

税金の5000円の差は大きいです

あと何より「セレナe-powerハイウェイスター」が優れているのはミニバンとしての使い勝手。

サードシートの広さは他の2車より圧倒的に広いです。

シートアレンジも多彩で使いやすいです。

ファミリーカーのミニバンとしては、この広さと使いやすさは大きな魅力です。

安全装備は一長一短がありますが、3車ともほぼ同じです。

価格帯もほぼ同じ。

どの車にも個性がありますので、それをどう捕らえるかですね。

日産セレナe-powerとミニバン比較まとめ

走りの「ステップワゴンスパーダハイブリッド」

燃費の「ヴォクシーハイブリッドZS煌」

使い勝手の良さの「セレナe-powerハイウェイスター」

個人的にはこんな印象です。

長所もあれば短所もあります。

個人的意見ですが、ミニバンは走りや燃費より使い勝手が優先されると思います。

そのような意味では、「セレナe-powerハイウェイスター」は優れていると言えると思います。

 

新車の日産セレナを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?

⇒ 日産セレナの値引きの限界からさらに30万円安く購入した私の友人が行った実際の交渉テクニックとは?


「この日産セレナを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「セレナを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「日産セレナの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、日産セレナの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

ご家族やご友人に相談しても
そっけない返事しかもらえず、
また真剣に聞いてもらえず、
日産セレナを買いたいのに手が出ない。。。

また、

「セレナを高く売りたい」
「セレナを売るといくらなの?」
「そろそろ買い替えたいから愛車の今の相場を知りたい」

と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に超オススメの方法をご紹介します。

その方法とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

日産セレナ値引きより50万円安く購入する吃驚仰天の超オススメの方法とは
下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

「一括査定サイトを使えば安く買えるってどういうこと?」
と気になったかもしれませんね。

私もこんな友人の話を聞くまでは知りませんでした。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車セレナの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

私の友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていて、一括査定サイトを使えば安く買えるなんて思っても見なかったようです。

で、友人が実際ディーラーにセレナを買いに行ったら、最初300万円って提示されたらしいんです。

友人もさすがに高いと思って、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?セレナ買うならココってきめているんで

って交渉しました。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、40万円は値引きできますよ

と返答があったようです。

友人
友人

300万円から40万円を値引きしてもらえれば、260万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘りました。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を10万円で下取りしますよ。

と提案してきたようです。

友人とすれば、
50万円(40万円+10万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありませんよね。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいです。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのセレナを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と言ってきました。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(40万+10万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と当たり前ですが思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言って電話を切ろうとしたとき、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言いました。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたようです。

 

友人
友人

たしか10万円だけど・・・

と私の友人は答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきたらしいです。

 

何のことを言っているかさっぱりわからかったみたいです、私の友人は。
なので、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきました。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに下取りして値引きしてもらうことしか頭になかったわけです。
だから、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたところ、

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

と言ってきました。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれたようです。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れず、結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
自宅に帰った後、大学時代の友人からLINEが来て、このナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
 
なんと
買い取り額が40万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、300万円の新車セレナを

買い取り額      40万円
ディーラーの値引き額 40万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、210万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら

だから、私もセレナを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。

 
 
もしあなたもセレナを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまセレナを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

セレナの値引きの限界から30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

ナビクル車査定は、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るってわけです。

 
 
人気の秘密は、45秒程度でできる簡単な入力

さらに、安心の東証一部上場グループ会社。

だから、査定額の差額が信じられないぐらい出てしまうんです。

ただ、車一括査定と聞くと、
「電話連絡が多いんじゃないの?」
と思われているかもしれませんね。

もし電話連絡が多いと思われたら、メール連絡のみに変更することができます。

あと、こうしている間に相場査定額は落ちていっています。
なので、相場査定額が落ちる前に、今すぐこちらのナビクル車査定にお申し込み下さい。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってセレナを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
セレナの今の相場を知りたい、愛車の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。


 
その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。

 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。


 

ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

スマホでもできますので、電車の移動時間だったり、テレビのCMの間だったり、
ちょっとした時間にあなたの愛車の最大の買い取り金額が分かります。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました