日産新型セレナC27型e-powerのメリットとデメリットは?平均納車期間はいつ?

2018年3月に「C27型」セレナの新グレードとして追加された「セレナe-power」

そのメリットとデメリット、納車期間について触れたいと思います。

因みに、「C27型」と聞くとエンジンの事を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、
日産社内で認識されている呼び名みたいなもので、古くは「C22型」
販売された時は「バネットセレナ」と名前が付けられました。

「C27型」は初代の「C22型バネットセレナ」から数えて5代目になります。

スポンサードリンク

日産新型セレナC27型e-powerとは?

日産曰く、「セレナe-power」

『新たな電気自動車のひとつ』

と言っています。


画像引用先 : 日産自動車 様

ですがこの車は電気自動車ではなく、「シリーズハイブリッド」です。

「シリーズハイブリッド」とはエンジンで発電用モーターを回り、それをバッテリーに送ります。

そこで貯めた電力で駆動用モーターを動かして走ります。

だから走りそのものは電気自動車に限りなく近いです。

それがシリーズハイブリッドの特徴です。


画像引用先 : 日産自動車 様

 

ここからはあくまで個人的意見・創造ですが、日産が「シリーズハイブリッド」
言う名称を使わなかった理由があると思います。

新型「セレナe-Power」を「シリーズハイブリッドと宣伝すれば、
世間はハイブリッド車だと思います。

そうなるとちょっとした問題が出ます。

ちょっと、話がそれますが、ここで「ハイブリッド」について専門的に解説するのは
膨大な量になるので、とても簡単に説明しますと下記になります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ハイブリッド」は大別すると3つの方式に分けられます。
1: 「シリーズ方式」→ エンジンを発電用の動力源として搭載した電気自動車
2: 「パラレル方式」→ 搭載している複数の動力源を車輪の駆動に使用する方式です。
3:「スプリット方式」
→ エンジンからの動力を動力分割機構により分割し、発電機と車輪の駆動へ振り分けたり、
エンジンとモーターからの駆動力を自由に合成することが可能な方式です。
(上記引用先 : Wikipedeia 様

 

多くの方々が勘違いしやすいことかもしれませんが、「シリーズハイブリッド」
世間一般に知られた「ハイブリッド車」とは異なります。

メーカーサイドも間違った認識を持たれたままというわけにはいきませんから、
当然、営業担当者、整備担当者はハイブリッド車=パラレルハイブリッドを
充分理解し、お客様に分るような説明が必要
になります。
(営業を担当する現場社員の教育が必要になります)

しつこくなりますが、日産はスカイラインハイブリッドや
エクストレイルハイブリッドのことを
パラレルハイブリッドだと説明する義務があります。

ハイブリッドだけでも多種多様なのに、
そこにシリーズとパラレルの違いをお客様に説明する。

お客様より先に社内の営業担当や整備担当を教育する環境を整える。
(全国規模で行わなければいけません)

それってかなり時間と労力、講師の選任など大変だと思います。

その様な手間を軽減させ、経費を抑える意味も含めて
営業マンが売りやすいようにシリーズハイブリッドと言う言葉は使わず、
「e-power」と名付けてて差別化を測った、、、、、

ような気がします。
(あくまでも個人見解ですのであしからず)

営業マンの普段の仕事量は並大抵ではありません。

車を売るだけが仕事ではありません。

1:管理しているお客様の車検や点検等サービスの実績もノルマがあります。

2:それに加えて保険。保険もノルマがあります。

3:ノルマをクリアするために日々お客様との対応。

4:車検や点検等サービスの引き取りや納車。

5:お客様からのクレームの対応。

など仕事量がとても多いです。

そこへきて新型車が出ると、その勉強も仕事になります。

そこで新たに「パラレルハイブリッド」の勉強を求める。

さすがに厳しいと思います。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

日産新型セレナC27型e-powerのデメリットは?

先進の走りが魅力の「セレナe-Power」

ですがいくら最新の車でもデメリットはあります。

そのデメリットについて触れたいと思います。

最大のデメリットは車両価格の高さでしょう。

「Sハイブリッド」と比べると50万円くらい高額になります。

オプション装備を追加すると、総額400万円コースになります。

「セレナ」のような5ナンバーフルサイズミニバンで
400万円越えはちょっと、いやかなり高いです。

私も見積もりを見たときはビックリしました。

「セレナクラス」だと総額300万円~350万円くらいの感覚です。

「セレナe-power」では400万円を超えてくるので、正直高いと感じます。

「先進安全装備」「走り」が魅力の車なので仕方ない面もありますが、
正直もう少し安ければと思います。

(注)
「先進安全装備」は交通事故を未然に防ぐためにメーカーが
開発したもので、事前の危険を察知し、ドライバーに
伝える役目をするものですが、100%完全なものではなく、
あくまでも予防を補助するものです。

ドライバーは周りと同乗者に対して安全に運行する義務があります。


画像引用先 : 日産自動車 様

 

次のデメリットとして、走りと燃費の両立が難しいです。

「セレナe-Power」「シリーズハイブリッド」は走りが魅力です。

ガソリン車では味わえない、この爽快な加速はとても気持ちいいです。

ですが気持ちいい走りを求めて通常モードで走ると、燃費が悪化します。

燃費を改善するならECOモードで走る必要があります。

ECOモードは燃費が一気に良くなりますが、走りはがくんと落ちます。

エコカーらしい、大人しい走りになります。

これは気持ちよくありません。

正直フラストレーションが溜まると思います。

走りも良くて燃費も良い。

理想論に過ぎませんが、その両立が出来たら最高だとは思います。

そして「セレナe-Power」は7人乗りしかありません。

8人は乗れません。

これあまり知られていないデメリットです。

これは重量の問題もありますが、最大の理由はシートアレンジです。

「セレナe-Power」の2列目中央部シートは大きくスライドします。

「Sハイブリッド」だと1列目までスライドさせて、
センターコンソールとして使えます。

しかし「セレナe-Power」の1列目中央部には出っ張りがあります。

ここにハイブリッド用バッテリーがあります。

なので2列目中央のシートアレンジが出来ません。

だからと言って「セレナe-Power」専用の3人掛けシートを造るのはコストが上がります。

2列目二人乗りの7人乗りのみの設定も仕方ないとは思います。

日産新型セレナC27型e-powerのメリットは?

デメリットがあればメリットもあります。

まずは走りの良さ。

最大出力は139馬力と、「ステップワゴン」の150馬力より劣ります。

ですがトルクは30キロ以上あります。

自然吸気エンジンのトルクは排気量で決まります。

1000ccで10キロくらいです。

なので2000ccだと20キロほど。

トルク30キロとなると、3000ccクラスの力があります。

それを「セレナe-Power」に載せたのですから、走らないはずがありません。

アクセルを踏み込めばぐいぐいと力強く加速します。

高速道路は苦手ですが、市街地は

さらに燃費も優れています。

これが「セレナe-Power」になるとリッター14キロ前後まで伸びます。


画像引用先 : 日産自動車 様

この差は大きいです。

「セレナe-Power」の走りを体感してアクセルを元気よく踏むと、
ここまで燃費は伸びません。

ですが走りをある程度諦め、燃費重視に切り替えれば燃費は良くなります。

切り替えるのはスイッチひとつです。

ECOモードで走るだけで燃費は改善します。

アクセルを踏んだ際の加速は大幅に落ちますが、
それでも普通車レベルで加速します。

市街地ならこれで充分です。

あとECOモードはワンペダル運転が出来ます。

これはアクセルペダルを放すだけで自然なブレーキが掛かり、
ブレーキペダルを踏む必要がありません。

ブレーキペダルを踏まなくてもブレーキランプは点灯するので安心です。


画像引用先 : 日産自動車 様

ご存知の方も多いとは思いますが、ブレーキはエネルギーを無駄に浪費しています。

運動エネルギーを熱エネルギーに変換して、周辺に放出します。

この放出するエネルギーを回収するのがワンペダル運転です。

運動エネルギーを電気エネルギー回生して電気エネルギーとして回収します。

エコカーらしいエコな運転がワンペダル運転です。


画像引用先 : 日産自動車 様

スポンサードリンク

日産新型セレナC27型e-powerの平均納車期間は?

高額車両にも関わらず、「セレナe-Power」は人気で売れ行きも好調です。

そうなると納車期間が長くなります。

ざっと調べると、現状で大体3ヶ月待ちとのこと。

こればっかりは仕方ないと思います。

さらに日産は検査員問題がありました。

あれはまだ解決していません。

ラインをフル稼働しても検査員が足らないので、出荷台数が限られます。

それだけでも1ヶ月は遅れています。

ただ「セレナe-Power」でもグレードを選べば納車機関が短くなるとのこと。

通常グレードよりハイウェイスター系のほうが人気が高いので生産台数の割合が多いです。

「C27型」になり、通常グレードと「ハイウェイスター系」
見た目の差はさほど大きくありません。

さらに「セレナe-Power」は15インチアルミホイールです。


画像引用先 : 日産自動車 様

エアロが付いてもそこまで派手ではないです。

納期を短くする目的で、ハイウェイスター系を選んでも問題ないとは思います。

その代わり、若干高額にはなりますが。

さらに「e-power系」はそろそろ試乗車落ちが出回ります。

これだと納期は2週間以下です。

グレードやボディカラーで好みの1台が見つかるかどうかと言う課題はあります。

ただ試乗車落ちは新車より安いので、価格が合えば選んでもいいかとは思います。

日産セレナ新型C27e-powerまとめ

「セレナe-Power」は日産が送り出した最新のミニバンです。

その魅力は従来のミニバンとは大きく異なります。

その分若干高額ですが、その価値はあると思います。

そろそろ試乗車落ちが出回るタイミングでもあるので、
次の車として検討するいい機会だと思います。

 

新車の日産セレナを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?

⇒ 日産セレナの値引きの限界からさらに30万円安く購入した私の友人が行った実際の交渉テクニックとは?


「この日産セレナを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「セレナを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「日産セレナの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、日産セレナの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

ご家族やご友人に相談しても
そっけない返事しかもらえず、
また真剣に聞いてもらえず、
日産セレナを買いたいのに手が出ない。。。

また、

「セレナを高く売りたい」
「セレナを売るといくらなの?」
「そろそろ買い替えたいから愛車の今の相場を知りたい」

と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に超オススメの方法をご紹介します。

その方法とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

日産セレナ値引きより50万円安く購入する吃驚仰天の超オススメの方法とは
下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

「一括査定サイトを使えば安く買えるってどういうこと?」
と気になったかもしれませんね。

私もこんな友人の話を聞くまでは知りませんでした。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車セレナの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

私の友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていて、一括査定サイトを使えば安く買えるなんて思っても見なかったようです。

で、友人が実際ディーラーにセレナを買いに行ったら、最初300万円って提示されたらしいんです。

友人もさすがに高いと思って、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?セレナ買うならココってきめているんで

って交渉しました。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、40万円は値引きできますよ

と返答があったようです。

友人
友人

300万円から40万円を値引きしてもらえれば、260万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘りました。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を10万円で下取りしますよ。

と提案してきたようです。

友人とすれば、
50万円(40万円+10万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありませんよね。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいです。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのセレナを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と言ってきました。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(40万+10万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と当たり前ですが思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言って電話を切ろうとしたとき、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言いました。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたようです。

 

友人
友人

たしか10万円だけど・・・

と私の友人は答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきたらしいです。

 

何のことを言っているかさっぱりわからかったみたいです、私の友人は。
なので、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきました。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに下取りして値引きしてもらうことしか頭になかったわけです。
だから、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたところ、

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

と言ってきました。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれたようです。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れず、結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
自宅に帰った後、大学時代の友人からLINEが来て、このナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
 
なんと
買い取り額が40万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、300万円の新車セレナを

買い取り額      40万円
ディーラーの値引き額 40万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、210万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら

だから、私もセレナを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。

 
 
もしあなたもセレナを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまセレナを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

セレナの値引きの限界から30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

ナビクル車査定は、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るってわけです。

 
 
人気の秘密は、45秒程度でできる簡単な入力

さらに、安心の東証一部上場グループ会社。

だから、査定額の差額が信じられないぐらい出てしまうんです。

ただ、車一括査定と聞くと、
「電話連絡が多いんじゃないの?」
と思われているかもしれませんね。

もし電話連絡が多いと思われたら、メール連絡のみに変更することができます。

あと、こうしている間に相場査定額は落ちていっています。
なので、相場査定額が落ちる前に、今すぐこちらのナビクル車査定にお申し込み下さい。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってセレナを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
セレナの今の相場を知りたい、愛車の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。


 
その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。

 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。


 

ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

スマホでもできますので、電車の移動時間だったり、テレビのCMの間だったり、
ちょっとした時間にあなたの愛車の最大の買い取り金額が分かります。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました