日産セレナ Vセレクション2とは?1との違いと口コミ評価は?

2018年9月に入り、セレナに新グレードの「VセレクションⅡ」が発売になりました。

従来の「Vセレクション」に代わる新グレードです。

発売されたばかりの新グレードについて触れてみます。
 

スポンサードリンク

日産セレナ Vセレクション2とは?


画像引用先 :  日産自動車 様


*写真の車は2017年式Vセレクションです。
画像引用先 :  日産U-CARS / 日産公式中古車検索サイトGet-U 様

「VセレクションⅡ」は、2018年9月初旬の「セレナ仕様変更」に合わせて設定されました。

従来は通常グレードの 「X Vセレクション」

そして「ハイウェイスター Vセレクション」

どちらも人気グレードです。

通常の「X」や「ハイウェイスター」との違いは、
・両側オートスライドドア

・LEDヘッドランプ

このふたつが標準装備になります。

「X Vセレクション」がワンタッチオートスライドドア。

「ハイウェイスター Vセレクション」はハンズフリーオートスライドドアになります。

ミニバンなら欲しい装備です。

さらにLEDヘッドランプも欲しいです。

LEDヘッドランプの明るさと見やすさを知ると、従来のハロゲンヘッドランプには戻れません。

そんな欲しい装備が付いた「Vセレクション」「セレナ」の主要グレードです。

それが「VセレクションⅡ」にバージョンアップしました。

これは「セレナの仕様変更」に合わせて設定されました。

まずLEDヘッドランプ装備車には*「ハイビームアシスト」が標準装備になりました。

「VセレクションⅡ」はLEDヘッドランプなので、*「ハイビームアシスト」も標準装備です。
asiste
*前方に先行車がいない場合、対向車がいない時に「ハイビーム」になります。
他車に迷惑をかけずに「ハイビーム」での走行が可能と判断した時に、
常に「ハイビーム」になります。
夜間走行時の視認性が向上します。

そして「エマージェンシーブレーキ」のバージョンアップ。
brake

?「道路標示認識機能」等が追加されました。

*・フロントガラス上部のマルチセンシングフロントカメラにより、
前方の車両進入禁止標識を検知し、一方通行路へ進入する可能性がある場合には
アドバンスドドライブアシストディスプレイに警告表示します。
・万一、車両進入禁止標識を通過した場合には警報音が鳴ります。

引用先 :  日産自動車 様

標識認識

そして「メーカーオプション」になる踏み間違い防止アシストもバージョンアップ。
踏み間違え

フロント側には「歩行者自動検知機能」が装備されました。
(注釈)この機能が働くのは前進時のみ歩行者を検知するものです。

強化されたのは「安全装備」です。

そして価格を見直し、若干お買い得感をアップ。

それが新グレードの「VセレクションⅡ」です。

上記画像引用先 :  日産自動車 様

 

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

日産セレナ Vセレクション1との違いは?

従来の「Vセレクション」の違いは僅かです。

・ハイビームアシストの有無
・エマージェンシーブレーキの性能
・踏み間違い防止アシストの性能
違いはこれだけです。

そして価格は若干お求めやすくなっています。

「X Vセレクション」 2,674,080円
「ハイウェイスター Vセレクション」 2,934,360円

これに対し、

「X VセレクションⅡ」 2,622,200円
「ハイウェイスター VセレクションⅡ」 2,874,960円

こうして並べてみると一目瞭然です。

「VセレクションⅡ」のほうが5万円ほど安くなっています。

さらに装備は充実しています。

だったらこれまでの「Vセレクション1」は売れなくなるのでは?

と誰もが普通に思います。

メーカーもそれは理解しています。

「Vセレクション1」は廃止になっています。

もう新車では買えません。

「Vセレクション1」がどうしても欲しいのであれば、
中古車ディーラーで試乗車落ちや中古車を探すしかありません。


画像引用先 :  日産大阪販売株式会社 様

日産セレナ Vセレクション2の投入の理由は?

「現行C27型セレナ」が発売になったのは2016年8月です。

もう2年経過しています。

そろそろマイナーチェンジの時期です。

ただ「セレナ」はマイナーチェンジをせず、仕様変更のみ行いました。

昔の新車のモデルサイクルは4年でした。

2年でマイナーチェンジ、4年でフルモデルチェンジ。

これが一般的でした。

ですが今はモデルサイクルが長くなっています。

大体6年くらいだと思います。

「先代C26型セレナ」も6年です。

その場合、3年でマイナーチェンジ、6年でフルモデルチェンジです。

ですがその間に何も仕様変更をしないのであれば、目新しさはありません。

ディーラーも売り込む材料が無くて困ってしまいます。

そのために行うのが、今回のような

『仕様変更』 です。

マイナーチェンジまでは行かないまでも、少し変更します。

そして「グレード体系」「価格」も見直します。

そのような変更を行えば、「ディーラー」も「営業マン」も新車を売りやすくなります。

通常グレードか「Vセレクション」で迷っていたお客には、
『VセレクションⅡが出ました!お買い得ですよ!』
と売り込めます。

「ハイビームアシスト」が欲しいけど、これまで設定は「e-power」のみでした。

そこで迷っていたお客には、
『Sハイブリッドにもハイビームアシストが付きました!お買い得ですよ!』
と売り込めます。

このような仕様変更や新グレードの展開は、「ディーラー」や「営業マン」が車を売りやすくするための起爆剤という考えもあります。

そのようなものが無いと、目新しさが無くなってどんどん売り辛くなります。

現在売り辛いのは、モデル末期になっている「エルグランド」

あと同じくモデル末期の「キューブ」

この2車種はとても売り辛いと思います。

現在では、「エマージェンシーブレーキ標準装備が常識です」。

日産は商用車の「NV350キャラバン」にも付いています。

さらに安い商用車の「NV150AD」にも付いています。

ですが、「エルグランド」には「エマージェンシーブレーキ」の設定がありません。

「キューブ」にも「エマージェンシーブレーキ」はありません。

まだそのモデルを長く造り、長く売るなら「エマージェンシーブレーキ」は設定したでしょう。

日産もCMで「エマージェンシーブレーキ」を大きく謳っています。

それでも付いていない車種があります。

その理由は、
・フルモデルチェンジが近いので、途中設定することコストが掛かる。
・もうすぐ廃盤になる車種なので、設定しない。

このどちらかだと思います。

「エルグランド」のフルモデルチェンジが近いのは周知の事実です。

ただ「キューブ」がどうなるのかは分かりません。

「現行Z12キューブ」が発売されたのは2008年からです。

もう10年造り、売り続けています。

もういつでもフルモデルチェンジしてもいいのですが、その気配がありません。

日産は「キューブ」だけでなく、「マーチ」も苦戦しています。

「先代マーチ」は日産の主力車種でした。

ですが「現行K13型」になってからは全く売れていません。

その理由が知りたければ、日産ディーラーでマーチの新車を軽く見てみればいいと思います。

売れない理由が一目で分かります。

上記画像引用先 :  日産自動車 様

 

スポンサードリンク

日産セレナ Vセレクション2の口コミ評価は?

そんな「Vセレクション2」の口コミ評価も気になります。

私も気になったので、探してみましたが、さすがにほぼ皆無でしたね。。。

2018年9月初旬に発売になった新グレードです。

発売されてから2週間ほどです。

ご存知の通り、ほとんど出回っていません。

それに、そもそも「Vセレクション1」との違いもほぼ無いに等しいです。

明確に違うのは先ほどもお伝えした通り
「ハイビームアシスト」の有無のみです。

「エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い防止アシスト」も仕様変更しています。

代表する安全装備の性能も向上しています。

ですが、、、
それを実際に試すユーザーはほぼ皆無だと思います。

「ハイビームアシスト」は便利な装備ですが、欧州車と比べると性能は劣ります。

以前「アウディA4」に乗ったことがありました。

画像引用先 :  アウディジャパン株式会社 様

ご存知の方は少ないかもしれませんが、「アウディ」はレース活動に力を入れていました。

特にルマン24時間耐久レースでの活躍は有名です。

自動車メーカー別での優勝回数は「ポルシェ」に続き歴代2位です。

ルマン24時間耐久レースは24時間連続で走ります。

完全に日が落ちるナイトセッションもあります。

真っ暗のコースをライトの光だけで時速300キロ以上で走ります。

なので「アウディ」はヘッドライトの開発に力を入れていました。

早くから「LEDヘッドライト」を投入していました。

「レース用最新鋭ヘッドライトユニット」の価格は、
1セットで一戸建てが買えるほどと言われていました。

そこで培った技術を市販車である「A4」のヘッドライトに取り入れました。

本当に素晴らしかったです。

ハイビーム、ロービームという概念がありません。

道路状況により光軸が自在に動き、周りの車に迷惑をかけることなく強烈な光で照らします。

とても快適かつ安心なナイトドライブでした。

国産車のヘッドライトがその領域にたどり着くのは、まだまだ掛かるとは思います。
 
話が逸れてしまいましたが、セレナ Vセレクション2の口コミ評価は残念ながらまだありません。

ただ、日産に携わってきた私の所感でも参考にしてみてはいかがでしょうか?
 

日産セレナ Vセレクション2まとめ

「VセレクションⅡ」は日産が新たに設定した新グレードです。

比較対象グレードはありませんが、お買い得になっているのは事実です。

性能が向上し、価格も下がりました。

購入するタイミングとしては最適かと思います。

 

新車の日産セレナを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?

⇒ 日産セレナの値引きの限界からさらに30万円安く購入した私の友人が行った実際の交渉テクニックとは?


「この日産セレナを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「セレナを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「日産セレナの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、日産セレナの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

ご家族やご友人に相談しても
そっけない返事しかもらえず、
また真剣に聞いてもらえず、
日産セレナを買いたいのに手が出ない。。。

また、

「セレナを高く売りたい」
「セレナを売るといくらなの?」
「そろそろ買い替えたいから愛車の今の相場を知りたい」

と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に超オススメの方法をご紹介します。

その方法とは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

日産セレナ値引きより50万円安く購入する吃驚仰天の超オススメの方法とは
下取りは必ず一括査定サイトを使うことです。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

「一括査定サイトを使えば安く買えるってどういうこと?」
と気になったかもしれませんね。

私もこんな友人の話を聞くまでは知りませんでした。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車セレナの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

私の友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていて、一括査定サイトを使えば安く買えるなんて思っても見なかったようです。

で、友人が実際ディーラーにセレナを買いに行ったら、最初300万円って提示されたらしいんです。

友人もさすがに高いと思って、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?セレナ買うならココってきめているんで

って交渉しました。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、40万円は値引きできますよ

と返答があったようです。

友人
友人

300万円から40万円を値引きしてもらえれば、260万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、250万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘りました。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を10万円で下取りしますよ。

と提案してきたようです。

友人とすれば、
50万円(40万円+10万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありませんよね。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいです。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのセレナを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と言ってきました。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(40万+10万+10万=60万円も値引きしてくれた)

と当たり前ですが思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言って電話を切ろうとしたとき、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは60万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言いました。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたようです。

 

友人
友人

たしか10万円だけど・・・

と私の友人は答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきたらしいです。

 

何のことを言っているかさっぱりわからかったみたいです、私の友人は。
なので、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきました。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに下取りして値引きしてもらうことしか頭になかったわけです。
だから、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたところ、

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

と言ってきました。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれたようです。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れず、結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
自宅に帰った後、大学時代の友人からLINEが来て、このナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
 
なんと
買い取り額が40万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、300万円の新車セレナを

買い取り額      40万円
ディーラーの値引き額 40万円+10万円
合計         90万円

の値引きに見事成功して、210万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら

だから、私もセレナを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。

 
 
もしあなたもセレナを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまセレナを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

セレナの値引きの限界から30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

ナビクル車査定は、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るってわけです。

 
 
人気の秘密は、45秒程度でできる簡単な入力

さらに、安心の東証一部上場グループ会社。

だから、査定額の差額が信じられないぐらい出てしまうんです。

ただ、車一括査定と聞くと、
「電話連絡が多いんじゃないの?」
と思われているかもしれませんね。

もし電話連絡が多いと思われたら、メール連絡のみに変更することができます。

あと、こうしている間に相場査定額は落ちていっています。
なので、相場査定額が落ちる前に、今すぐこちらのナビクル車査定にお申し込み下さい。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

 
 
まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってセレナを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
セレナの今の相場を知りたい、愛車の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。


 
その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。

 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。


 

ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

スマホでもできますので、電車の移動時間だったり、テレビのCMの間だったり、
ちょっとした時間にあなたの愛車の最大の買い取り金額が分かります。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました